【今日もコケたお( ^ω^)】身を呈してもバイクを守ろう

傷跡が痛々しいです。もうこりごりです。


まえがき

今回、損傷した箇所は「アッパーカウル」「タンク」の2箇所です。

普通に立ちゴケした場合、タンクが損傷することはありません。
タンクが接地する前にエンジンスライダーが接地するためです。
僕は完全に油断していました。このエンジンスライダーを信用しきっていました。

IMG_0088 resized

とうとう、このエンジンスライダーが機能しないレアケースに恵まれました。

経緯

どうして、このような事態になってしまったのか。時は去年の11月に遡ります。

いつものようにバイクを停め、サイドスタンドを払い、バイクを降りたその瞬間にすべて終わりました。

何が起こっていたのかというと、サイドスタンドが下りていなかったのです。
僕の悪い癖で、バイクに跨ったままサイドスタンドを下ろしていました。きちんとスタンドが下りていることを確認していなかったのです。

不運にも倒れた先はこのような段差になっており、エンジンスライダーが接地する前にタンクとアッパーカウルがこの段差に直撃しました。

IMG_0185

自責の念に苛まれ、その日はそそくさと寝ました。

11月ということもあり、季節はちょうど冬になろうとしていました。
冬の間はバイクを降りるという選択をしました。

今月、とうとう修理へ

初めてですが、近所のYSPに持って行きました。

YSPのおじちゃんは懇切丁寧でした。さすが正規店って感じでした。
レッドバロンに持っていくのはオイル交換と空気入れだけにして、その他の整備は全部このお店に依頼しようと思います。
思うところがあるので、この話は別記事に起こそうかな。

みんな気になっているのが修理代だよね

タンクを傷つけたのはでかかったです。この明細に載っている以外にも追加注文したパーツがあり、修理代は14万を超えてしまいました。

明細

今回交換したパーツ

①アッパーカウル
②フューエルタンク
③マフラープロテクター

まとめ

ごめんよ相棒。バイクを運転するときは、教習所で習ったことをもう一度思い出して運転します。

2輪の卒検では、着座姿勢のままサイドスタンドを立てた場合、減点対象となります。その意味が凄く分かりました。
タンクは他のパーツと比べて段違いに高額です。気をつけましょう。

綺麗になって良かった。心なしか、バイクの調子がすごく良いように感じる。
今年も、一緒に遠くへ行こう。去年行けなかった鹿児島へ行こう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です