【忘備録】JF-BTFM2K(FMトランスミッター)のペアリングに失敗してしまう原因と対処法について

JF-BTFM2Kは、2013年の免許取得と同時に購入し、今もなお愛用しているカーアクセサリの一つです。
最近、調子が悪くなってしまい、それを解決するまでのお話です。

J-Force Bluetooth FMトランスミッター ブラック JF-BTFM2K
J-Force Bluetooth FMトランスミッター ブラック JF-BTFM2K

最近iPhone6Sに機種変し、JF-BTFM2Kとのペアリングがうまくいかずに悩んでいましたが、その問題を解決することができたため、忘備録も兼ねてこの記事を書こうと思います。

現象について

JF-BTFM2KはキーON時に自動的に端末とのペアリングを行います。

機種変前に使用していたiPhone5Sでは、何事も無くペアリングすることができます。

しかし、iPhone6Sの場合ペアリングに失敗してしまいます。

また、iPhoneからペアリングを仕掛けても失敗してしまいます。

接続失敗

しかし、完全にペアリングできないという訳でもありませんでした。
理由は分かりませんでしたが、以下の手順でペアリングできることは分かっていました。

※1 iPhone側のペアリング設定を解除→初回ペアリング時の手順(FMトランスミッターのボタンを長押しし、手動でペアリングを確立する)

IMG_0002

ペアリングに失敗していた原因

メーカーのHPを参照すると、JF-BTFM2Kに登録できるペアリング情報は5台の端末までであることが分かりました。
また、動作を見る限り、上限を超えてペアリング情報を登録しようとした際は、既存のペアリング情報に上書きするのではなくペアリング情報の登録自体されないようです。
このことから、iPhone6SがキーON時にペアリングされない原因は、下記の通りであると推測することができます。
①JF-BTFM2Kにはすでに上限数のペアリング情報が登録されており、iPhone6Sのペアリング情報を登録することができない。
②※1の手順を行うことでなんとかペアリングを確立できるが、JF-BTFM2Kの電源を切ってしまうとiPhone6Sのペアリング情報がないため自動でペアリングできない。

対策について

ここまで分かってしまえばあとは至極簡単です。JF-BTFM2K内に保存されているペアリング内容を抹消すればよいだけです。
公式HPに説明がありました。どうやら、ペアリングボタンを7秒以上押すと既存の登録内容が抹消されるようです。
[FMトランスミッター全般] リセット方法 
https://www.forcemedia.co.jp/support/qa/j-force/001334.html

結果

うまくいきました。この問題で悩んでいる人を結構見たので、この記事が役に立てば幸いです。

(参考URL: Q&A|サポート|フォースメディア)

Hello To The World (初回限定盤A) (CD+DVD)
Hello To The World (初回限定盤A) (CD+DVD)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

【忘備録】JF-BTFM2K(FMトランスミッター)のペアリングに失敗してしまう原因と対処法について」への2件のフィードバック

  1. k7akira

    数ヶ月の悩みが解決されましたー!
    助かりました!ありがとうございました!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です